CFunはQtumベースのトークンです。
ETHベースのerc20の脆弱性問題が多い事から、上級開発者がQtumベースの将来量子耐性を備えるトークンであるQtumベースのトークンしたそうです。

CFunはユーザーにCFunプラットフォームを提供します。人々がクリエイティブに対するイニシアチブを持ち、発揮し、共有できるCoGCプラットフォームを協力して作り上げています。

ネットワークに参加する人々は、読んだり、コメントしたり、他の人の作品を共有することを通して報酬を得ることができます。

さらに、CFunは世界中の無名クリエイターたちが参加し、作品に対する報酬を得るグローバルコミュニティーの立ち上げを計画しています。

 CFunのユニークな点…

プラットフォームのユニークな点は、既に収益を生むビジネスモデルであるという点です。多くのトークンセールには希望と夢があります。CFunプロジェクトも例外ではなく、2015年より中国以外の国でも成功をおさめてきました。

 最近CFunは包括的な京東図書のコンテンツサプライヤーとして、京東(JD.com、 NASDAQ: JD、 component of NASDAQ-100)との戦略的パートナーシップを提携しました。
京東は中国の二大Eコマースの一翼を担う企業であり、年間歳入は日本円にして4.5兆円です。

シンプルなA / Bテストでは、クリエイティブコンテンツがCFunから京東に流れたことを受け、京東における受注数が9%増加し、全体のコンバージョン数が8%増加しました。

CFunのCoGCコンテンツを活用したいと考える企業から得た収益を元手に次のステップとして、参加しているクリエイターに報酬を与える、分散型、自律型および契約型のプラットフォームを立ち上げることを計画しています。

CFunプラットフォームでは、コミュニティーメンバーの著作権を記録するQtumブロックチェーン技術が使用されています。創作物の見返りとして、創作された作品の質や量に相応する報酬を得る権利があります。

 どのように機能するのか?

まず、コンテンツを探している企業がCFunトークンを購入し、プラットフォームでコミュニティを立ち上げます。
企業が求めているコンテンツタグに一致する人物がコミュニティに参加し、コンテンツ作成プロセスに参加する見返りとして、CFunを受け取ります。コミュニティのメンバーは、企業が求めているコンテンツを協力しながら作成します。投票で選ばれた作品のクリエイターには、多くのCFunが報酬として支払われます。

CFunエコシステムとCFunトークンを活用することで、CFunプラットフォームが、中小規模のIP(知的財産)購入者が手ごろな価格で適切なIPを取得でき、クリエイターが作品を迅速に収益化できるようサポートいたします。

 どのように違うのか…

CFunプロジェクトは他のIP創造や取引プラットフォームとは異なり、二次元文化にフォーカスしています。

かつて日本のサブカルチャーであった「二次元空間」をそのまま意味する二次元文化は現在では東アジアで流行しており、若者の間で大変な人気を誇っています。京東の事例を通してCFunは、大きな購買力を持つ若い消費者たちにアプローチするより良い方法を見つけようと、あらゆる企業が必死に努力していることを実感しております。

 CFunチームのメンバーは、先日行われたミーティングで

「創作作品における需要サイドと供給サイドがwin-winになることは間違いない。」
「まずは東アジアマーケットにおけるEコマースプラットフォームと提携し、
それからアリババ、アマゾン、楽天、ロッテのEコマースプラットフォームと提携していくつもりだ。」と発言しています。